2014/12/13

石に宿るもの

ハーキマーダイヤモンド


ダイヤモンドなどの宝石から
クリスタルクウォーツ、ジェムストーン、
ビーチで拾った丸い灰色の石や
山の中にひっそりとどっしりと佇む岩まで。


私は石が好き。


中でも写真のハーキマーダイヤモンドは、
「婚約指輪をこの石で作って欲しい!」と嘆願した程(勿論即却下)
それほど大好きな石。

石には様々な性質があり、それは時に私達の心や体に作用します。
中でも強烈なのが水晶で、
精密機器や光ケーブル、そして遠赤外線製品等にも使用されている事実。

パワーストーンと言う言葉が最近とってもチープになってきましたが、
石には確かに力があります。
そしてパワー以外の何か、性格みたいなものがあるようで、
とっても可愛くて興味深いのです。


《-石は生き物-》


「私の婚約指輪は鼻の穴サイズだから〜♪」
と鼻を全開に膨らましていたその言葉の通り、
去年鼻の穴サイズのとても奇麗なダイヤモンドの指輪を頂きました。

まるでシンデレラがガラスの靴にピッタリと足を収めた時の様に、
トイレでこっそりと膨らませた鼻の穴に寸分の違い無くダイヤモンドが合致した時には
「やっぱりこの人が運命の人だ!」
と思ったかどーかはまあまた別のお話として...
詳しくは→言霊のちから

そう、このダイヤモンド。
申し分無い鑑定内容の通り本当に奇麗なんだけど、どこか輝きが弱いというか、イマイチ鑑定書を疑ってしまうような、
そんな腑に落ちないモヤモヤした日々が続いた2013年の12月。
(まー失礼な女です、ほんとに。)




そして3月に日本に帰国し、極寒で吹雪く鞍馬山山頂で瞑想後
ふと手元に目を落とすと

合掌する時は指輪を内側に回して石を手のひらで包み込んで一緒にヒーリングしています。

あれ?透明感!
輝きが明らかに違っている!

鞍馬山にはお寺が幾つも点在し、それに伴って手水舎で手を清める回数も多々。
それで浄化されたのか、気の集まる
有名な土地柄なのか、寒さからか、とにかくびっくりして写真を撮りまくりましたよ。
ただ気温がマイナスだったので、手が震えてブレたものが殆どですが。



色が沢山入っているでしょ。
本当にビックリしましたよ。


そしてその後も気を付けて観察していると、
神社やお寺、家の裏山、
明らかに輝きが変わる場所があるんです。



不思議な事に、この日以来どんどんクリアに輝く様になりました。



浄化は大切だよーなんて口にしていたけれど、
ここまで劇的な変化を見せてくれるものだとは。

もちろん今は鑑定書を疑うなんて全く無いです。笑



掘り出されてから色んな人の手に触れたり、
バージンダイヤじゃなく、前に持ち主が居た可能性もあるし、
昔の私は無意識でそういうものを感じていたから
ソワソワ腑に落ちず磨いたり洗ったりする日々を送っていたかなー?



皆さんもお手持ちの石をきちんと浄化して、
自分のものにして下さいね。



そしてここからが今日一番書きたかった事:)
今年のサイバーマンデーに買ったこれ!これが今日届きましたー!

「超音波クリーナー」
(日本のアマゾンにも売ってるよー)

アメリカでは婚約指輪は結婚指輪と一緒に毎日付けっぱなしにするので、
どうしても油や石けん汚れが付くんですよ。
そうすると輝きはくすむし、石にも良くないものです。







使った感想は「良い!」
だけどやっぱり最後はブラシで仕上げ。

柔らかい歯ブラシに食器洗いの洗剤を一滴垂らして
立て爪の内側を優しく擦り洗いするだけでも充分奇麗になります。

細かい装飾や壊れやすいもの、水に弱い石などは避けましょう。

高価な物なので、腫れ物に触る様に扱う方も多いダイヤモンドですが、
事実、石です。
思い切って洗ってみて下さい。



結婚時にご縁のあった人から贈られるダイヤモンド。
実は人生の苦楽を共にする一番のパワーストーンかも。



今日は皆さんが箪笥の中にしまってある宝石を
奇麗に磨いて、太陽の光に当てたり外に連れ出してあげて下さいね。
特に神社やお寺ではよく観察してみて欲しい。



宝石を輝かせている女性は輝いて見えますし、
何よりそれを贈った旦那様を無言で立てる感謝と尊敬の行為です。



というわけで、不思議だけれどとても興味深い石の話でした。

それでは、また;)


Tomoko

0 件のコメント:

コメントを投稿