2014/10/19

あなたの知らない世界 -サイキックアタック-




タイトルを見て懐かしい人もいると思いますが...
そう言えば昔はよく幽霊の話をする特番がありましたね?

さて、今日私が話したいのは
怨念、サイキックアタックというものについてです。

こんな話題を出すと、
「またまた〜信じないよ〜そんなこと〜。」
と大半の人が言うと思いますが、
まあ話だけでも聞いて下さい。
知っておいて損は無いと思います。

私にとっての2014年、31歳の年は
このサイキックアタックの存在を身を以て学ばされました。

平和に暮らす人々には縁も縁もない話題でしょうが、
サイキックアタックをもたらす方々には実はとても身近なものです。



「私に嫌われた人はみんな不幸な人生を歩むから大丈夫。」
とワイン片手に自信を持って豪語する女性の元で働いていた事があります。
彼女の強い念は、出勤前に私に話しかけて来るようになりました。


以前ブログにも書いたエネルギーバンパイア2さんは
私に強烈な胸の痛みと突発的な自殺願望を与えました。
それ以外に、運転中、ハンドルを取られる事が何度もあり、
暫く運転が恐ろしかった程です。


最近私のブログを読んでメッセージをくれた知人にも
「昔から自分を傷つけた人に災いが起って...
それを自覚して以来、人を恨まないようにしている。」と。
彼女の様に悩み、
その力を悪い方向へ使わないよう努力している素晴らしい人も居ます。


そして、もう一人。

彼女とは彼女がLAに旅行中に知り合い、
意気投合し、
その5ヶ月後には、日本での生活を引き払い、LAに引っ越して来た彼女。
この頃から私は彼女の思いがテレパシーの様に伝わって来たり、
彼女が持つ慢性の体の不調が移った様に私に発症したり、
当時は覚醒したのかっ?!と大ハシャギでしたが、
当時は知る由も無く...
それほど強い念の持ち主だったのです。

彼女も、自分を傷つけた相手に不幸が災いすると自覚している人でした。
彼女を裏切った彼が事故に遭い、普通の生活がままならなくなった事、
そして、そのお相手の女性は若くして子宮がんを患った事、
色々と話には聞いていましたが、

ある日、私が自律神経失調症と診断された、と彼女に話すと、
「私の人生には尊敬する女友達が3人居てね、みんな自律神経失調症で外出ができなくなっているんだよね。大変だよね?」

この彼女の何気ない言葉を聞いた瞬間に、「ああ...」と。

そう言えば彼女に出会ってから、
日常生活でのパニックを発症し始めたなぁ、と。


それに気づいて以来、毎日エネルギーワークを使って
彼女の強い念を返す様にしました。

するとそれから間もなくして告げられた突然の別れ。

私と居ると強い怒りが湧いて来て、
もう一緒には居られないと泣きじゃくっていました。
近い友達ができるといつもこうなるんだと。
そして私達は二度と会う事はなくなりました。
そのブログ


以上、今年の私の体験談なのですが、

ではサイキックアタックから身を守るにはどうすれば良いのか?
やはりエネルギーワークでネガティブエネルギーを持ち主へお返しする事。

そして、常に愛情を持って生きる事。
愛や光の波動は闇をも照らします。
それ故、闇を寄せ付けてしまうんですが、
きちんと自分の境界線を守る事。

ちなみに念は誰もがもっているものです。
お互いの波動が合うと強烈に喰らってしまうものでもあります。
私も念が強い方だと思います。
だから人を恨まない。
自分の弱さ、狡さ、汚さと向き合い、
根本から解決することが大切です。

恨んだ相手が私の様に、念に敏感で、エネルギワークをしていると
自信の強い念が自分に返って来て辛い思いをするのはあなたです。
気をつけましょう。

あなたは知らなくても、
知ってそれを使っている人もいる事を、
こんな世界があることを
みなさんも頭の片隅に置いてあげて下さいね。


昔からお守りや、お札、結界を張る!なんて言葉がありますが、
そこにはちゃんと意味があって、実はこういう訳なんですね。


今日はあまり語られる事が無いわりには、とても影響力の大きい
人の心の黒い部分のお話をしました。

それでは、毎日エネルギーワークを忘れずに。
自分を愛情で満たすと、
自然と他人が気にならなくなったり、優しくなれたりするものです。

エネルギーワークについてはこのまとめを参考にして下さい。



自分の波動を上げて、キラキラと闇を照らしましょう!

それでは、また。

Tomoko s/t Chico


0 件のコメント:

コメントを投稿