2013/12/28

Sedona 2 Day3 *My birthday*

部屋のバルコニーで朝ご飯

旅をしていて一番気を付けたいこと。
それは
調子に乗って普段しない事にチャレンジしない、
ということ。

素晴らしい景色、素晴らしい出会い、
なんでも出来そうな朝。
お洒落にミルクティーなんて飲んではいけない。
健康的に、牛乳一杯!なんてもってのほか。
大変な事になりますからね。
前回のセドナでもやった失敗をまた繰り返した誕生日。

教訓
旅行中に牛乳は絶対禁止!

さて、31歳の誕生日。

まずは、ビジターセンターへ。
この旅の目的だった、インディアンの遺跡、壁画などの情報を貰います。
ガイドブックにも載っていて有名な
セドナから車で40分程のパラキ遺跡を目指していましたが、
ここを訪れるには電話予約が必要なのと、少し遠い。

壁画が見たいなら、V バー V ランチ ペティログラフ へ行くと良いよ!
凄く奇麗な壁画が見れるから!
と興奮気味にセンターのおじさんに勧められ、
じゃあ、まあ行ってみるか?という感じで出発。

*V-Bar-V Ranch Petroglyph*
道順は後日書きます♪

駐車場に車を止めたら、まず
ビジターセンターで名前を登録します。
入場料は無料ですが、施設、遺跡の維持に募金しますか?と聞かれるかもしれません。

壁画のある場所まで徒歩10分。


フェンスで囲われ、係員が椅子に腰掛けている後ろの岩一面に
沢山の小さなマークや絵がくっきりと描かれています。


この壁画の前に立った時、
鳥肌と共に込み上げてくるものが...
なんだか分からないけれど、泣きたくなりました。
圧倒される程の強い何かがあります。

 

この壁画、
500年以上も前に描かれた、インディアンのカレンダー。
V字に切れ込んだ岩から差してくる太陽の光で付けられた暦。
それは現代の科学や技術で解明してもとても精巧にできているそう。




これは月の暦を記したとされる女性的な壁画。

ここには係員の方が常駐し、
壁画について詳しく説明してくれます。
話が専門的になる為、少々理解に苦しみますが、
興味深過ぎて、後にできず。
ここもまたホピ族と繋がりのある場所。

今でも原始的な生活を続け
怠け者で向上心がないと一部の人に認識されているインディアンの人々ですが
500年も前にこんな精巧な暦を付けていたのですよ。
どう思いますか?
と係員の方。

科学が天体望遠鏡を発明する遥か昔から
肉眼で見えない星の存在を知っていた、アフリカのドゴン族の話を思い出しました。
「知の起源ー文明はシリウスからきた」

そしてニューメキシコのチャコキャニオンにはもっと大きな
インディアンの天体観測の暦がある事も教えてもらいました。
いつかここも訪れてみたいです。
チャコキャニオン

帰りにまたビジターセンターに寄り、壁画についての本を購入。
素晴らしい場所に出会えて本当に感謝。
この場所がいつまでも奇麗に保存される事を願って
募金もしてきました。


さて次は、ベルロックへ♪

前回の旅では、ゆっくり瞑想をしたり、レイキヒーリングした場所

今回はジョンと空腹が重なり、そんな時間は無く、
とにかく登る!

*注意*
ベルロックは比較的登りやすい岩ですが、
それ故、下りられない人も多く、レスキューされたり、
転落して亡くなる方もいるようです。
立ち入り禁止の札などは無く、どこも自己責任なので、
無理しないで下さいね。
ジョンはここで断念

エナジーチャージできた所で
お昼ご飯は、前回1日目にも行った
Thai Palaceへ
広いテラス席
庭のお仏像様♪
さてさて、この後は旅のハイライト
Devil's Bridgeへハイキング
悪魔の橋 Devil's Bridge


*Devil's Bridgeへの道順*
The Yから89Aを西へ3mile
Dry creek Roadを右折Forest road 152へ向かって2mile行くと右側に
Vultee Archと他のトレイルの名前が書かれた看板があります。
(Devil's Bridgeとは書かれていません)
それを右に曲がると左手に普通車用駐車場、
そこから更に1.3mile(約2km)
舗装されていない道を進むとハイキングトレイルの入り口に到着します。

このデビルズ ブリッジへの最短の駐車場へは、
ジープだとか、車高が高い四輪駆動車しか乗り入れられません。
なので急遽ピックアップトラックをレンタカー。

このハイキングコースは往復40分。
コースは所々階段状に整備されているので歩きやすいです。
ここはトイレが無いので、注意。
ほんと朝の牛乳のせいで死ぬかと思った。



途中にあったユニークな岩
自然が作り出した橋
是非記念写真を撮りに行ってみて下さい。

ジョンが予想外にビビっていた為
では、まずは私から。



ここまで渡った所で

「危ないからそれ以上行くな!もう戻ってこい!早く!戻ってこいと言ってるだろー!」

と何故か激怒&大パニックで、写真撮影どころではないジョン。
渋々戻りましたけど...

いざ自分の番になると
「あれ、案外行けるね?怖くない!」
と橋の真ん中まで進み余裕のポーズを決める人。



それはズルイでしょー?
ともう一度私の番。
「ちゃんと良い写真撮れてるー?」
「大丈夫!もう100枚くらい撮ったから心配するな!早く帰ろう!」
とやたら帰りたがる。
お腹のあたりがゾワゾワして、気持ち悪くなったんだって。
まあ良い写真が撮れたみたいだからいいや、
夕日も見たいし、早く帰りますか♪

奇麗なお姉さん


最終日のこの日は夕日も少し見れて満足。

誕生日のディナーは
スーパーマーケットで、チーズやハムを買い出し
ホテルでアリゾナワインを開けて
今まで撮った写真を楽しむ事に♪

さて、上映会!
旅のハイライト、デビルズブリッジに差掛かった時
目にしたものは...



え?

 

ズーム?



何コレ?
橋は?
橋はどこ行った?

こんな写真が大量に30枚程...
「100枚くらい撮ったから!」って
これか!

大爆笑!
何このセンス!

あー、何回見ても笑えるわー。

また写真撮る為に戻って来ないとね、とジョン。
その前に写真のクラスに通ってね、と私。

ピークを逃してオリオン座流星群は残念ながら見れなかったのですが、
最高の誕生日旅行でした。

沢山学び、沢山感じ、
そのすべてを大切な人と共有できる喜び。
これ以上観光地化して欲しくは無いけれど、
また必ず行きたい場所、セドナ。

この記録が、誰かのお役に立てます様に。

Tomoko s/t Chico

0 件のコメント:

コメントを投稿