2013/07/13

Sedona 1日目



先月上旬に5日間、アリゾナ州のセドナへ旅行してきました。
セドナというと、パワースポット、スピリチュアルな場所として有名です。
最近は日本でも良く知られているみたいですね。

LAから車で約8時間、アリゾナ州フィニックスから車で約3時間
標高1371メートルにある赤土の隆起した岩々に囲まれた本当に小さな町です。
かつてこの地はインディアン(ネイティブアメリカン)の聖地だったとか。
私も体感してきましたが、とても不思議でとても強いエネルギーに満ちている町でした。

滞在したSky Ranch Lodgeのテラスからの眺め

”セドナに行くと人生が変わる”と良く言われるようですが
私の人生もセドナ旅行で大きく変わった様な気がします。
10年後、20年後、自分の人生を振り返った時にこの旅行が必ず大きな転機となっているだろうなと。

このセドナ旅行の経緯にも面白い事がありました。
最初はカリフォルニアの北に在るマウントシャスタへの旅行に誘われ
”シャスタって何だ?セドナに行きたいんだけどなー”
と返事が出来ずにいた所、先方の予定が急遽念願のセドナ旅行へ変更とのメール。
得意の引き寄せの法則が発動
もちろん即、返信です。


高校からの親友とそのお母様、そして私の3人旅行。
少し気を使うかなと思われる組み合わせですが、それがとても気さくで明るいお母様で、
クォンタムタッチのヒーラーさん。共通の話題で、おしゃべりは尽きません。


そう、セドナには沢山のレイキヒーラーがいるのも今回の旅の楽しみでした。
この話は後ほど。


それでは、午前10時21分、LAからセドナへ出発!
旅のお供は私の1st Car、メルセデス。
エコモードでは発進が遅いと散々言ってきたけれど、
スポーツモードに切り替えるととても快適に走ってくれました。
ありがとう:)
アリゾナ州に入るちょっと前の休憩所にて



アメリカでのドライブの道中は何も無い土地が多いです。
ガソリン、お手洗い、食事、休憩などを考慮して、
飲食店がある出口を見つけたら早めに止まるように。
次の町まで1時間...そんな事もあります。

アリゾナ州のフィニックスでは大きなフリーウェイに合流しますが、2人以上同乗の車が走れる一番左の車線、Carpool Lane ◇(←このマーク)で帰宅ラッシュもスイスイ♪

渋滞も無く、時速80マイルでの運転が延々と続く中、
募る話しが多すぎて9時間のドライブはあっという間。

日も落ち始めた午後7時過ぎ、
遂にセドナの門番
ベルロックが
私の初セドナを出迎えてくれました。

セドナの夜は早い。
飲食店以外は夕方5時、6時に閉まるお店が殆ど。
私達はセドナ到着後、アッパータウンエリアでまだ開いてるお店を見て回った後、
まず私が行きたかったタイ料理屋さんで夕食を済ませました。
お店の名前は
”Thai Palace”
アッパータウンをフラッグスタッフ方面に向かって歩いていると、
左手に並ぶショッピングモールの路地に看板が出ています。
「Thai Palaceはこちらから←」

その路地に一歩足を踏み入れた瞬間
ゾワ〜っと全身に鳥肌が立って小さな武者震いの様なものが続きました。
体中がビリビリします。

ヒーリング友達のミシェルから
必ずこのレストランに行ってエネルギーを感じて来なさい、と。
彼女がセドナ旅行で見つけた一番エネルギーを感じる場所だと。
レストランのオーナーも、エネルギーの強い場所を探した結果、ここにお店を構えたようです。
確かに、旅行中に私がはっきりとエネルギーの違いを体感したのも、このレストラン周辺、特に路地が一番でした。

Thai Palaceのテラス席
もしもセドナへ行く機会があれば、是非あの路地を通ってThai Palaceに行ってみて下さい。
どのガイドブックにも、ウェブサイトにもエナジースポットとして紹介されていませんが、
エネルギーに鈍感な方、何かを感じてみたい方は是非足を運んでみると良いと思います。
お料理もとても美味しかったです。
私はグリーンカレーをいただきました。

Sky Ranch Lodgeにチェックイン後
スーパーマーケットで朝食やスナック、水、そしてアリゾナビールを買い出し。

この夜はお母様と遅くまでお話させて頂きました。
好奇心に満ちた子供の様な一面をもった彼女は
とても勤勉で素直でよく笑う。
多くを学べたのもこの旅行の素晴らしい所でした。


”セドナへ行くと気に当たる”
こんな言葉を聞いた事がある方もいると思います。
これは、セドナの持つエネルギーに感情を左右されて、
急に怒ったり、泣いたり、体調を崩したり、テンションが上がったりするそうです。
そんな事が起こっても、まあ ”気に当たった” と言う事で、お互いそっとしておきましょうね。
と約束した1日目でした。


2日目に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿